短い睡眠で疲れをとる方法
 トップページ > 短い睡眠で疲れをとる方法   トップページ 

短い睡眠で疲れをとる方法

短時間睡眠法

短い睡眠で疲れをとる6つの方法

仕事や育児のために睡眠不足で悩まされている方というのは多いのではないでしょうか。

睡眠不足を放っておくと、集中力が欠けて色々なミスをしてしまったり、運転中に眠くなって事故を起こしそうになるなど、日常生活に様々な支障をきたします。

しかも、それだけではなくアルツハイマーやうつ病になるリスクが高まるなど著しく健康を損なってしまう可能性もあるのです。

しかし、短い睡眠であっても睡眠の質を上げれば、翌朝スッキリと目覚めることができ、元気に毎日を過ごすことができます。

ほんの少しのことで睡眠の質は上げられるので、短い睡眠で疲れをとる方法をいくつか紹介しようと思います。

1つ目は、ノンレム睡眠とレム睡眠というのは90分周期で訪れるので、短い睡眠でしっかり疲れをとりたいなら、90分の倍数の睡眠時間を取ることが必要だということです。

2つ目は、寝つきを良くして深い睡眠を得るためには、ショウガやトウガラシなどの体を温める食べ物を食べて血の巡りを良くしておくことが有効だということです。ただし、胃の中に食べ物が残っていると眠りが浅くなる原因になるので、寝る3時間くらい前までには食べておかなければいけません。

3つ目は、午後4時から8時の間にウォーキング・ヨガ・ストレッチなどの軽い運動をすることです。体温を上昇させた後、急激に下がったタイミングで眠るのが効果的なのです。

4つ目は、寝る1時間前には電気を消して暗い状態にしておくことで、これは、睡眠を誘発するメラトニンが強い光を浴びるとによって分泌が抑制されてしまうためです。

5つ目は、寝る2時間前には、テレビを見たり、スマートフォンやパソコンを触らないということです。スマートフォンやパソコンから出る光によって副交感神経が刺激されて眠れなくなってしまいます。

6つ目は、寝る1時間前くらいに約38度から40度のお風呂にゆっくり入ることです。入浴で体温を上げて、体温が下がり始めたタイミングで布団に入ることで熟睡できます。ここで挙げた方法を参考にして、短い睡眠時間でも疲れをスッキリと解消しましょう。


 
 六角脳枕とは
 六角脳枕ってなに?
 大人の寝返りは悪い事?
 オーダー枕の効果
 六角脳枕の構造
 ひんやり枕
 価格・返金保証
 六角脳枕の効果
 肩こり・頭痛
 不眠症・浅い眠り
 睡眠について
 睡眠と美容
 睡眠と健康
 睡眠とストレス
 睡眠とダイエット
 短時間睡眠法
 疲れ・腰痛・肩こりの原因
 体に良い睡眠時間
<< 睡眠とダイエット│ トップページ │ 疲れ・腰痛・肩こりの原因 >>    
Copyright (C) 2016 睡眠と健康 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
ダイエットのクチコミを見る