睡眠 ダイエット
 トップページ > 睡眠とダイエット   トップページ 

睡眠とダイエットの関係

ダイエット

ダイエットと言えば、一般的に食事制限や適度な運動などが挙げられますが睡眠とダイエットも深く関係していると言われています。

睡眠中は数時間食事をしなくて済みます。いわゆるプチ断食状態にあると言えます。この間にも体は動いているのでエネルギーを得なければいけません。

このために、眠っている間は体脂肪を分解して骨格筋や心筋・呼吸筋などのエネルギー源としています。

この体脂肪の分解を行うのが寝ている間に分泌される成長ホルモンと、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールです。

コルチゾールが働くことで体に蓄積された脂肪が分解・燃焼されるのです。こまめに食事でエネルギーを補うとそこからエネルギーを得ることができるためコルチゾールが働く必要がなく、体脂肪も消費されないというわけです。

ですから、長い時間食事をとらないで済む睡眠時間はコルチゾールを働かせる為にとても大切だというこよになります。

また、睡眠は起きている体にも影響があると言われています。

睡眠を充分に摂ることで体脂肪から分泌されるレプチンと言うサイトカイン(生理活性物質)が活性化されます。

このレプチンには脳の満腹中枢に作用します。それにより食欲が正常に働くので食べ過ぎを抑えてくれる効果があります。

それと同時に、寝不足の場合は胃から生産されるグレリンが増えると言われています。このグレリンは摂食中枢を刺激し食欲を増進させます。

食欲は生きる為に必要なものですが、必要以上に摂食中枢が刺激されてしまうと食べ過ぎに繋がり肥満を招いてしまいます。

つまり、寝不足になるとレプチンの分泌が少なくなる為に満腹中枢が刺激されず食べ過ぎるようになってしまい、睡眠不足になることでグレリンの生産量が増えることで2つの面から食欲が増進してしまうのです。

睡眠とダイエットは、このように密接に関係しています。起きている間の方がエネルギーを消費していると思われがちですが睡眠も体脂肪を消費し体の脂肪燃焼サイクルを正常に働かせる為に必要なことなのです。

このサイクルを正常に働かせる為に、寝る前3時間は食事をせずになるべく深い眠りになるよう適度な運動をし日中のストレスを減らすと効果的です。


 
 六角脳枕とは
 六角脳枕ってなに?
 大人の寝返りは悪い事?
 オーダー枕の効果
 六角脳枕の構造
 ひんやり枕
 価格・返金保証
 六角脳枕の効果
 肩こり・頭痛
 不眠症・浅い眠り
 睡眠について
 睡眠と美容
 睡眠と健康
 睡眠とストレス
 睡眠とダイエット
 短時間睡眠法
 疲れ・腰痛・肩こりの原因
 体に良い睡眠時間
<< 睡眠とストレス │ トップページ │ 短時間睡眠法 >>    
Copyright (C) 2016 睡眠と健康 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
ダイエットのクチコミを見る