睡眠 健康
 トップページ > 睡眠と健康   トップページ 
ココをクリック→

健康に良い睡眠について

睡眠と健康毎日を健康的に過ごすためには「良質」な睡眠をとることが大切です。

間違ってはいけないのは、睡眠時間は長ければ良いというものではありません。

肝心なのは睡眠の質。この睡眠の質は、その人の生活環境や年齢によっても変化します。

たと言えば、成人の場合、一般的には7~9時間ほど必要だと言われていて、7時間前後の睡眠が生活習慣病のリスクを低くするとされています。

睡眠の役割は大脳を休めることです。睡眠不足になると、認知機能をつかさどる前頭葉と、感覚の処理や運動をつかさどる頭頂葉の機能が低下してしまいます。

前頭葉と頭頂陽の機能が低下すると、物事に集中出来なくなったり、記憶障害になったり、免疫機能や代謝機能にも異常が出てきてしまいます。

たとえ8時間眠ったとしても、翌日の朝に身体がだるかったり眠気が残っていたら良い睡眠を取れたとは言えません。

逆に4時間しか寝ていなくても1日を元気に過ごすことが出来るなら、自分に適した睡眠時間だったということになります。

健康のためにも自分にとって最適な睡眠時間を見つけて、しっかりと脳と身体を休めることが大切です。

良質な睡眠のためのコツ

安眠枕
良質な睡眠のためには、熟睡できると定評のある「六角脳枕」などの安眠枕に思い切って替えてしまうことがオススメですが、それ以外にもコツがあります。

パソコン・スマホ
良い眠りにつくためには、就寝前のパソコンやスマートフォンの操作は控えたほうが良いです。パソコンなどの光は脳を興奮状態にしてしまいます。

飲食時間
また交感神経を刺激してしまうので、飲食や入浴なども就寝前2~3時間前には済ませておきます。

就寝時間
午前0時~午前6時の間は成長ホルモンがよく出て深い眠りにつける「ゴールデンタイム」と言われている時間帯なので、この時間にベッドに入ることが理想です。

食事内容
食事面でも良質な眠りをサポートすることが出来ます。まずはカルシウムが豊富な乳製品や大豆製品をしっかりと摂ることです。カルシウムが不足すると神経が過敏になり、寝つきが悪くなります。

ホットミルクを飲むと脳をリラックスさせてくれるので、眠れない夜にお勧めです。

さらに牛乳や大豆製品には眠気を誘うホルモンを分泌するトリプトファンという物質も多く含んでいます。不眠に良いとされるパントテン酸を含むレバーやたらこ、干し椎茸などもお勧めです。


夏は涼しく、冬は気持ちがいい六角脳枕!
↓ さらに詳しくは公式サイト ↓
ココをクリック2→「六角脳枕」の公式サイトはこちら! >>


 
 六角脳枕とは
 六角脳枕ってなに?
 大人の寝返りは悪い事?
 オーダー枕の効果
 六角脳枕の構造
 ひんやり枕
 価格・返金保証
 六角脳枕の効果
 肩こり・頭痛
 不眠症・浅い眠り
 睡眠について
 睡眠と美容
 睡眠と健康
 睡眠とストレス
 睡眠とダイエット
 短時間睡眠法
 疲れ・腰痛・肩こりの原因
 体に良い睡眠時間
<< 睡眠と美容 │ 六角脳枕 │ 睡眠とストレス >>    
Copyright (C) 2016 睡眠と健康 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
ダイエットのクチコミを見る